松本ミュージックフェスティバル


by mmf34

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ABOUT MMF
HISTORY
REPORT
MMF2011
MMF2010
MMF2009
MMF2008
MMF2007
MMF2006
MMF2005

以前の記事

2012年 04月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

その他のジャンル

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「若さ」という爆発的パワー

こんにちは。
実行委員長の藤岡です。

5月17日(月)。

まずは、
国際コンピュータビジネス専門学校で
ポスター作成の説明会。
今年はこの学校の学生さん達に協力してもらって、
ポスターなどのデザイン作業を進めていきます。

MMFのビジョンやコンセプト、
デザインにおける「伝える」ことの大切さ、
10代20代の音楽事情、など、
話は多岐に渡りました。

これから、どんな作品が上がってくるのか、
すごく楽しみです。
若いパワーを存分に解放してほしいですね。

ポスター制作説明会のあとは、
ライヴハウス「ALECX」で松本県ヶ丘高校の新歓ライブ。
こちらも、若さ全開!
ちょっと工夫すればすぐに良くなるバンドばかりだったので、
ぜひ今後に期待したいところ。

夜は、ステージ制作担当のミーティングにも出席。
信州大学の学生が新しく何人か加わり、
MMF実行委員会はさらに若返ったのではないかと思います。

先輩からの教え。
後輩からの斬新なアイデア。

ぜひ、この前向きなスパイラルを
今後の活動に活かしていきたいと思っています。

それに関連して。
インターネットでこんな記事を発見しました。

若者離れ現象は、価値観の移行の前触れ?/関橋英作(日経BPネット)

ここから、一部抜粋させていただきます。

======================================
「ヤンキー進化論」(難波功士著、光文社新書)にも書いてありましたが、
若者の地元志向は地方を活性化させる大きなパワー。
祭りは、そのパワーを体現する絶好の機会です。
それがまた、
その地方の文化を再発見することにもつながるのですから一石二鳥。

今までも、祭りを見るたびにその可能性を感じてきましたが、
どうしてもイベント性が強すぎて観光客を意識するあまり、
肝心の祭りにおける地元民の一体感が欠けているような気がしていました。
しかし、諏訪の御柱祭を見てモヤモヤが晴れました。
地方の活性化はまず、地元民の一体化。
そのために地元を知る。
地元の文化を知る。
それこそが、人をつなげ他所の人を呼んでくる。

NHKの若者離れを取り上げた番組へのTwitter投稿でも気になったのは、
「日本の文化」「日本らしく」というつぶやきが結構目についたこと。
若者は、無意識の内で、反グローバルな価値観を模索しているような気がしました。

やはり、若者が一番先に気付き、動き始めるのですね。
いつの時代も同じように。
安心しました。

※「若者離れ現象は、価値観の移行の前触れ?/関橋英作(日経BPネット)」より抜粋
======================================

ちなみに、僕もTwitterをやっています。
http://twitter.com/hiroshix107
音楽、CGアート、情報学研究、ニュース、書籍、サブカルチャー、など、
気になったことを随時取り上げています。

MMF2010実行委員長 藤岡浩志


★松本ミュージックフェスティバル公式サイト
PCサイト http://hizart.com/mmf/
携帯サイト http://hizart.com/mmf/m/
[PR]
by mmf34 | 2010-05-21 16:27 | MMF2010

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

こんにちは。
実行委員長の藤岡です。

東京国際フォーラム、及び丸の内エリアをステージとする、
クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」を観てきました。

国際フォーラムは有料、
それ以外はカフェや丸ビル内のオープンスペースといった
無料のステージです。



僕は丸ビル内のステージを観てきました。
音楽祭を目的として来た人、
買い物ついでにフラッと立ち寄った人、など、
いろいろなお客さんが聴いていました。

有料ステージもかなり良心的な価格だったので、
「より多くの人に、気軽にクラシックを楽しんでもらう」
というコンセプトが実現しつつある、
ということは伝わってきました。
ただ、出演者は正装で演奏する人が多かったので、
もっとカジュアルな衣装で
お客さんと一体になってステージを盛り上げる、
という演出があると良かったかなと思います。

ここで、MMFのような市民音楽祭でクラシックを取り入れる場合。
僕個人のイメージとしては、
衣装はカジュアルに、
MCはよりフランクに、
演奏もポップスのクラシックアレンジなどを取り入れ、
通常のクラシックとは違う演出が良いかなと思っています。
ウクレレ、民族楽器とのコラボレーションも面白そうですね。

今回のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンは
なかなか良い経験でした。
これを参考に、
松本でも面白いことができたらと思っています。

MMF2010実行委員長 藤岡浩志


★松本ミュージックフェスティバル公式サイト
PCサイト http://hizart.com/mmf/
携帯サイト http://hizart.com/mmf/m/
[PR]
by mmf34 | 2010-05-04 00:37 | MMF2010